宇宙人と暮らせば

面白親父、自閉症男子、理系男子と私の、周りとちょっと違う日々を綴ります。

癌かも知れないと言われた日

癌かも知れない……そう医師に言われた日、私は帰宅途中の車中で、色んな考えを巡らせた。

 

f:id:hisakokk:20180604014009j:plain

 

最初は、何気なく受けた保健所での検診だった。

初めて受ける地域の健康診断で、しばらくして結果のハガキが届いた。

その内容は、どこかの医療機関にて受診してくださいというものだった。

つまり、検診に見事に引っ掛かってしまったわけだ。

 

ちょっと冷えた。気持ちが。

私の父方の叔母が、二人も乳癌で亡くなっていた。

二人とも、かなり壮絶な治療と最期だったのを覚えている。

とにかく、乳癌で治療実績のよい病院を探して受診することにした。

 

保健所ではマンモグラフィーのみだったが、病院ではそれとともにエコーも行われて、かなり丁寧に診てもらった。

 

そこで言われたことは、エコーの映像に、非常に気になるものが写っているというものだった。

たくさんの乳腺嚢胞(のうほう)という、丸い分泌物が溜まった袋が出来ていて、形がきれいに丸かったら良性だが、少しでも形が歪だったりギザギザしていたら、悪性の場合が多いというものだった。

 

私の場合は非常に微妙で、丸い袋の下の部分が少しギザギザしているように見える、というものだった。

けれど、かなり気になるから、もう少し形がハッキリ分るまで育った頃に、再検査しましょうと言われた。

乳癌自体、母親が発症していればかなりのリスクらしいが、叔母二人の発症でも、リスクは当然かなり高くなるそうだ。

 

その時の医師の言葉が

「3ヶ月より前ではまだ分りません。でも、3ヶ月を過ぎたらもう遅い。必ずきっちり3ヶ月後に来てください!」

 

何だか訳の分らない期日を言い渡されたようで、う〜ん……となったのを覚えている。

 

何と言うか、湧き上がった感情は「どうしよう……」なんだけど、自分に向かった「どうしよう……」ではなくて、長男の顔がバーン! と脳裏に浮かんで来てからの「どうしよう……」だった。

自分のことなのに、自分のことではなくて、長男の難題をどう解決しようか……と、そっちばかりが気になった。

 

もし、私が入院なんてことになったら、長男はどこに預けるの?

もし、私が死んでしまったら、長男を誰にどう託せばいいの?

 

入所施設にお願いしても、現行は夜の支援は手薄だから、脱走し放題じゃん!

だからといって、今の長男を受け入れてくれるグループホームなんて皆無じゃん!

 

何も良い考えなんて浮かばない。

とにかく分っていることは、その3ヶ月の間に考えをまとめること。

どこに相談して、どんな方法があるか検討すること。

旦那も仕事は続けられるように考えること。

そして、次男には隠さずに全てを話すこと。

 

取り敢えず、考えるだけ考えておいて、もし入院ということになったら、数日の猶予をもらって行動に移そうと決めた。

そして、万が一命に期限がついたら、医師には必ず告知してもらって、その期限までにやれることは何でもやろうと決めた。

 

本当に不思議だったのだけれど、その時自分が入院すること、死ぬかもしれないことを考えていたはずなのに、その考えの行き着く先は、自分のことではなくて長男のことでしかなかったので、全く死に対しての恐怖なんて、微塵も感じなかった。

 

むしろ、長男を残してこの世を去ることの方が恐怖だった。

 

3ヶ月経って、考えがまとまったわけでもなかった。

正直、難しい問題でしかなかった。

その現実の方が、何よりも辛かった。

悩むことだらけだったが、結果次第では何かしらアクションは起こさなければならない。

 

そうして病院を訪れ、再検査の後に医師が口にした言葉は、とても意外な一言だった。

 

「あれ? なくなってますよ!」

 

はい?

なくなっている??

 

まれにあるそうな。

医師は、多分癌だと踏んでいたようだったが、その物体自体がきれいに消滅していた。

ほっとした。

それも自分のことではなく、散々考えた長男の難題を、しばらくは考えないですむという安堵感。

本当に心からほっとした。

 

けれど、こんな事はまたあるかも知れない。

その時こそどうするか、常に考えておかなければならないんだよね。

 

f:id:hisakokk:20180604023515j:plain

 

そして今日、小さく扱われたニュースをテレビで見た。

障害を持った弟と、ずっと弟をお世話していた兄が、転落死したというニュース。

多分、心中ではないかと……。

 

ニュースのコメンテーターが言っていた。

死を考える前に、誰かに相談して欲しかった……そしたら、きっと生きる道はあったはずだ……。

 

そうだろうか。

弟さんは、通所の施設に通っていたようだった。

ならば、相談するところの情報はもらっていてもいいはずだ。

きっと、相談はしていたのではないだろうか。

相談し尽くして、決して選んだ道は肯定し難いことだけれど、他に考えられなくなってしまったんだろうな。

きっと、悩んで悩んで、悩み抜いたはずだ。

 

母親と兄弟という違いはあっても、私の場合は死を選ぶほどの思いに駆られたことはない。

こうして病気をしても、長男を生かすことばかり考えていた。

生きて欲しいとしか思わなかった。

 

私は、まだまだ幸せなのかも知れないな。