宇宙人と暮らせば

面白親父、自閉症男子、理系男子と私の、周りとちょっと違う日々を綴ります。

「眠れることはいいことだ」次男、絶賛リハビリ中

5月15日

f:id:hisakokk:20190516024919j:image

リハビリの中で、折り紙は継続されているようだ。

あんなに曲がっていた一本一本の指が、随分と伸びた。 そして、左手の中指の爪もかなり伸びていた。

f:id:hisakokk:20190516025021j:image

あの、しょっ中警戒音を鳴らしてきた機械が繋がっていた中指。

テープが巻かれていたから、そこだけ爪を切っていなかった。  

f:id:hisakokk:20190516025921j:image

リハビリの後はグッタリで爆睡。

時々、看護師さんが覗きに来てもビクともせず眠っている。


前の病院での治療中は、眠れずに苦労してた。

夜中、何度も何度も目が覚める。時計を見て、まだ1時間しか経っていないと、夜の長さを疎ましく思ったりもしていたようだ。


やっと眠りについたら、唾液の嚥下をし損なってむせて目を覚ます。

またやっと眠っても、呼吸が苦しくなって、中指からそれを察知した機械が警戒音を鳴らす。 


ちゃんと眠れずに苦労していたのに、今度は疲れて眠くて眠くてしょうがない。


色んなことを、右端から左端へ、表から裏へ、ギランバレーという病が 、一度は最悪の底を経験しなければ治癒に向かえないように 、 全てを通過しなければいけないかのようにも思える。

f:id:hisakokk:20190516030016j:image

検査直後に入院を強いられたあの日から、空に浮かぶ雲が姿を変えて、季節の変わり目を教えてくれていた。

f:id:hisakokk:20190516030039j:image

それでも3週間。早い回復力だと思う。

リハビリで疲れて寝落ちして……体はちゃんと、休んで次に備える方法を知っているんだろう。

あれだけ眠れなかったのに、今は寝落ちすることで、次のリハビリのための体力を取り戻す。

f:id:hisakokk:20190516030039j:image

そうやって体力をつけて、正しい働きをする免疫を再び増やして、壊されてスカスカになった末端神経を再生させて、一つ一つ、色んなものを取り戻していこう。

f:id:hisakokk:20190516030142j:image

車椅子と歩行器を使えば、自立で見守りなしの移動を許された。

f:id:hisakokk:20190516030154j:image

病室にノートパソコンを持ち込んでみた。

好きな音楽を聴けるように。勉強もできるように。

f:id:hisakokk:20190516030221j:image

専門の天体解析の研究はこれでは無理だけど、パソコンのある雰囲気だけでも、復学したい気持ちの後押しができたらと思う。


今日も友達が来てくれた。

母とは違って、本当に息子は友達が多い。

友達との楽しい時間が過ぎた後は、治療中だった時は体力がなくなっていたけれど、会っている間は、精神的な救いになっていた。

そしてリハビリに励む今は、精神的なものだけでなく、不思議に体力もチャージされているようにも思える。

友達パワーだね。


来る子たちはみんな、いい子たちばかり。

友達にも恵まれていることがわかって、母の気持ちも嬉しくて暖かくなる。

f:id:hisakokk:20190516030301j:image

帰りは用事のために途中下車。

後楽園駅と東京ドームと月の三点セット。


さて、明日も頑張りましょう。