宇宙人と暮らせば

面白親父、自閉症男子、理系男子と私の、周りとちょっと違う日々を綴ります。

次男の帰省(11日間の家族日和)その4〜それから帰京まで

f:id:hisakokk:20180923050529j:plain

 

9月6日

 

次男、いつも帰省は誰にも言わずに帰ってくるようだけれど、どこからかやはり情報とは漏れるもの(笑)

「捕まったので夜は友達と会ってきます」

 

結構なことですよ。父も母も、もうこの年になると友達にもなかなか会えない。

買える時に買う! 食べられる時に食べる! 会える時に会う!

旦那はよく、そう言っている。

その通りだと思う。

 

次男から後で聞いた話。

みんなで飲みに行ったんだけど、その中の友達の彼女がバイトしている、おしゃれなお店に行ったらしい。

おしゃれな雰囲気を味わいながら、さらに美味しいワインをいただけるお店だとか。

 

しかし、メニューを広げたところで発覚したらしいのだが、全員がワインが苦手だった。

何しに行ったんかい?(笑)

 

 

9月7日

 

私は仕事に出掛けた。

次男、この日は旦那が主催する映像の講座に潜入!

と言っても、超少人数でみっちり勉強会。

そこに若いママさん達もいて、やたら『カワイイ!』とちやほやされたらしい。

 

そう言えば、次男は小さい頃から大学に入るちょっと前まで、人から「お母さんキラー」と呼ばれていた。

なんでや?(実母の私、理解不能

 

 

9月8日

 

久し振りに、友達と野球観戦に出掛けた次男。

この日は大量点で大勝利の日だったから、見てて気持ちよかったろう。

 

で、私こんなことを思い出す・・・

次男は小学校の時はソフトボール、中学高校と野球部だった。

ソフトボールでは最初なかなかポジションも決まらず、そのままずっと補欠かと思っていたけど、監督からキャッチャーをやってみないかと言われて、何とそれが当たった。

 

それからずっとキャッチャーだった。

野球教室からスカウトも来た。

イップスにもなったが、なんと自力で立ち直った。

小学校でも、中学校でも、強豪校にのし上がっていき、無名だった中学校が13連勝を納め、県大会の決勝のジャッジミスで優勝を逃した。

そのジヤッジミスの瞬間を、旦那がカメラに納めている。

 

高校では監督との相性が合わなかった。

仲間達に「誰よりも理不尽な仕打ちをされ続けていた」と、いまだ言われているそうだ。

顔面に鍵を投げつけられ、ケガをしてそれが膿んで大変だった時、その頃から少し精神的にまずい状態になった。

けれど、仲間達が良かった。

チームプレイだから抗議することも出来なかった。

 

それでもイップスも乗り越えた子だから、結果それも乗り越えた。

最後まで酷い対応をされたが、次男が学んだこと、それは

 

「あんな指導をするような大人に、自分がならなければそれでいい」

 

この日観戦した試合は、何も考えずに楽しめたようだ。

高校野球で地獄を見た次男が言う。

「野球は楽しいスポーツなんだよ!」

 

f:id:hisakokk:20180923043840j:plain

9月9日

 

自動車保険の切り替えに行くぞ〜」

ってことで、久々の4人揃ってのディーラー訪問。

長男ご満悦。

次男、溶けている・・・。

のんびりし過ぎでしょう(笑)

いつ来ても、いいディーラーさんです。感謝。

 

障害者のいる家族にも優しいデーラーさんのお話はこちら

 

hisakokk.hatenablog.com

 

 

9月10日

 

実は次男、夏休みを利用して自動車学校に行ったんだけど、今は大学の生協が自動車学校の案内もしてくれるようで・・・。

時代は変わったな・・・(笑)

 

ということで、地元にて本試験に挑んで来た。

「写真が酷い!」

とLINEが来たので、合格だとすぐ理解して

「母の(写真)は すなかけばばあだよ

と返しておいた。

 

この日の夜、かなり遅れての次男の誕生日ケーキを食べた。

ロウソクの火は、やっぱり長男が吹き消した。

次男は笑っていた。

 

9月11日(帰京)

 

次男の帰京の日は、必ずやるルーティンがある。

それをしないと、次男がまた家に帰ってくると思って長男が待ってしまう。

言葉だけで「弟は東京に行ったよ。」と言っても納得しない。

カレンダーの前に私を連れて行き、弟はいつ帰るのかと散々全ての日にちを指さしながら聞いてくる。

それが本当にしつこい位に、何度も何度も。

 

長男に愛されてるね、次男君。

 

それを避けるために、何より次男の帰京を納得して、ゆったりと待てるように、今回もそのルーティンをすることにした。

 

その前に、取り敢えず長男を朝施設に送り届け、その後、親子三人で買い物をする。

イヤホンが壊れているということで、ビックカメラにも寄った。

そこで試聴しまくる次男。

時間が掛かりそうなので、私と旦那、その側にあるエレピの試弾を始めた。

 

どの鍵盤がしっくり来るかとか、音の感じとか試しながら、遂には二人並んで2台のエレピで即興のセッションを始めた。

目立たないように小さな音で弾いて、時々お客さんや店員さんが振り返っていたけど、買うのはイヤホンです(笑)

 

買い物も済んで時間が来ると、三人で施設まで長男のお迎えに行った。

帰宅すると、長男の目の前で次男が帰り支度を始める。

そして、次男は東京に行くよと伝えて空港へ向かった。

 

f:id:hisakokk:20180923044629j:plain

空港で家族4人食事をして一息ついたら、4人でゲートに向かった。

そこでいつものように兄弟、ちょっとだけギュッとして、弟は手を振ってゲートの中に入っていった。

 

それをじっと見る長男。

後ろ髪を引かれるようにして先に進む次男。

 

この瞬間に、長男は理解して、納得しているように思う。

この瞬間がなければ、また長男は次男の帰宅を明日も待つだろう。

 

11日間、長男は4人分の食器を用意してくれていた。

そして、翌日用意してくれた食器は3人分だった。

 

次男の帰省シリーズは、これでおしまい。